〜古川あたる OFFICIAL WEB SITE〜
ATARU's HOME
 
2008.5.12     ようこそATARU's HOMEへ!
 
 

■我が家の愛犬・あたるちゃん(本名エドウィン)は、5月に入って体調を崩し、2008年5月12日(月)午前10時、点滴を受けながらも、安らかに……おねんねしました。

天国に召されたあたるちゃんの誕生日は5月1日なので、15年と12日生きたことになります。殆ど毎日一緒に車で移動し、我が子として可愛がっておりましたので……

ホームページの更新も出来ないほどの大きなショックと哀しみに見舞われました。パソコンの中に、共に歩んだ15年間の想い出と……元気だった頃のあたるちゃんの写真が山ほど入っていたからパソコンが開けなくなったのです。

私達を愛し尽くして逝ったあたるちゃん…ありがとう…そしてそのあたるちゃんを共に愛してくださった皆さん……ほんとうにありがとうございましたという気持ちでいっぱいです。

たくさんの励ましやお悔やみのお便り、お花などを頂きました。皆さんの優しいおこころ遣いに、心よりの感謝を申し上げます。「耐えられない試練は与えない」という神様に感謝致します。

「ATARU's HOME」は、このまま開設しておくことにしました。  古川登志夫・紫乃

 
 
 

■その日に鉢植えの白いミニバラを手に入れ「あたるの薔薇」と名付けました。以来毎年7つの蕾を付けるという不思議。鉢植えなのに枯れもせず、しかも毎年ほぼ命日の5/12前後に、写真の様に開花します。

ミニ薔薇なのに、中輪種のように立派になってきました。2016年5月12日で、亡くなって丸8年になるのですが、これからもずっと枯れずに先続けて欲しい、と願っています。

 
 
古川あたる
1993.5.1−2008.5.12
 
 
 

2009.5.12  
今日はあたるちゃんの命日、あの哀しみの日から丸一年が経ちました。事務所に届いていた贈り物を紐解いてみると、それは、ハンドルネーム「桃缶」さんが、お忙しい中、あたるの写真から起こして刺繍してくださった力作でした。

これは本当に嬉しかった…。お忙しい中、あたるちゃんの一周忌に間に合うようにと仕上げるのはどんなにかたいへんだったことでしょう。天国のあたるちゃんも喜んでいることと思います。ちょうど本日開封したのは全くの偶然でした。桃缶さんの優しさが天国に届いたのでしょうか。よくあたると一緒に出かけた軽井沢山荘のリビングに、額装して架けることにしました。桃缶さん、ありがとうございました。
2009/5/12
 古川登志夫
 

 
 
 
 
あたるちゃん、想い出のアルバム
 












 
初めて古川家にやってきた日の僕。ちょっと不安でしたよ
 












 











 朝のご挨拶「すりすり!」












 
      

■左:僕の誕生日は5月1日。で、その特別な日。療法食のカリカリに鳥のササミが付いちゃったりして……普段はカリカリだけ……セ、セコ!/右:お仕事を終えたパパを迎えにフジテレビ玄関前へ。(日々の仕事には殆ど連れて歩き、仕事を終えるとスタジオ近くの公園など、決まって一緒に散歩しました。頻繁に出かけた場所は、お台場フジテレビ、六本木テレビ朝日、渋谷NHK、大久保タバックスタジオ近辺などでした。)

 










 










 










 
 

■↑僕が、笑う犬古川あたるです。トリミングの違いでまるで別犬のようでしょ?/右:パパの腕の中で……ZZZZzzz……(嬉しい時は、はっきり笑顔になるかわいい子でした)

 
 










 

■←ママはホント、写真好き!ちょ、ちょっとボクの下半身露わにしたまま写真撮らないでよまったく!横向いちゃお!

でも、パパが考えた、この前髪命!のあたるカットはお気に入りです。

(行きつけのペットショップはお台場の「パピー・ザ・ワールド」で、若くてかわいい女性のトリマーさんにお世話になるのが嬉しそうで、まるで「うる星やつら」の諸星あたるのようでした。)

 
 
 
優しいママが僕の専用ベッドを買ってくれました。
















 














 

■↑左:微笑する僕。右:大人げないと思われるかも知れませんがデカレンジャーボールが好きでして…点滅するところに惹かれるんすわ!モヤッとボールもdedecoさんの「としおくん」に描かれて以来、徐々にすきになってきましたっす!

 







 







 







 







 

■左から「このカゴ好き、結構落ち着くんですわ」/海風が気持ちいいっす!/マイハウス/デカレンTシャツを着てみました!

 












 
せっかくシブカジで決めたんだから、散歩したいなあ……
           
 











 
散歩ったって。夏はあちんだよね、ぢめんが(お台場で)
 





 





 
             
散りかけの「パンジー」風
 
「猿の惑星」ゼイアス博士風
 

■左:パパはいつも僕に優しいです。右:パパの手、時々添い寝。僕のこの寝顔にパパはイチコロさ!

 








 








 

■左:これパパとお揃いのシャツなんです。/右:ママの帽子を拝借!ナハハハ紫外線強いからね。

 
 

■クリスマスツリーの飾り付けを終え、2008年度の年賀状用写真を撮影した。2007.12 この時あたる14才……亡くなる半年前でした。