仕事をしなくても生きていかれる身分だったら……たぶん、人生の大半をに費やしたろうと想う………
 
 
【旅の記録】…………赤文字はコンベンションなど仕事
1986 USA new york→connecticut  
1986 USA washington  
1987 USA new york  
1990 オランダ amstelrdam  
1990 イギリス london  
1990 イギリス stratford  
1991.01 USA new york  
1994.12〜95.01 USA new york→St.petersburg  
1996.12〜97.01 カナダ tronto→ on the lake  
1998.12〜99.01 イタリア rome  
1998 オーストリア vienna  
1998 フランス pali  
1998.12〜99.01 USA losangels  
1999.08 USA guam  
1999.12 USA guam  
2000.01 USA guam  
2000.12.31〜01.09 USA cocoabeach newyorklosangels  
2001.06 USA hawaii  
2001.12〜01 イギリス london→stratford→london  
2002.12〜2003.1 USA miami→newyork  
2004 北マリアナ saipan  
2005 インドネシア bali  
2007 シンガポール singapore  
2008 マレーシア langkawi→payar  
2009 インドネシア bali  
2010 USA sanfrancisco  
2010 北マリアナ saipan  
2010 USA hawaii  
2011 イタリア venechia→pali  
2011 USA hawaii  
2011 USA losangels 【ANIME EXPO 2011】
2012 フィンランド helsinki→lahatihelsinki 【DESUCON 2012】
2012 USA northcalolina 【ANIMAZEMENT 2012】
2012 USA newyork  
2012 台湾 taipei 【PTTIT FANCY 17】
2013 USA sakurament 【SACANIME 2013】
2013 USA sanfrancisco  
2013.6 USA hawaii 【KAWAII KON 2013】
2013 USA northcaloiina→NY 【ANIMAZEMENT 2013】
2013 USA atlanta 【 WEEKEND ATIANTA 2013】
2014 ギリシャ atene→santorini  
2014 USA northcarolina→newyork 【ANIMAZEMENT 2014】
2015 仏、スペイン、伊 マルセイユ→バルセロナ→ミラノ  
2015 USA ラスベガス 【OTAKON VEGAS 2015】
2015 USA デンバー (コロラド州) 【NANDESKAN 2015】
2015.12〜2015.01 イタリア フィレンツェ→ナポリ→ローマ  
2016.03 USA ボストン(マサチューセッツ州) 【ANIME BOSTON 2016】
2016.08 USA ダラス テキサス州 【ANIMEFEST DALLAS 2016】
 
 
 
 
■ 2014.5  アメリカ  ニューヨーク  








 








 
●12回目のニューヨーク。タイムズスクエア近く「クラウンプラザホテル」前/右:廃線鉄道跡を利用した空中散歩道「ハイライン」を歩いてみた。
 
 
■54   2014.5  アメリカ  ノースカロライナ









 









 
●三度目のノースカロライナ。ローリー市で開かれた【ANIMAZEMENT 2014】にゲスト出演。前列左から古谷徹、古川登志夫、池田秀一、後列左から潘恵子、野中藍、中尾髏ケ(敬称略)。/右は通訳のラーソン・ナミさんと古川。
 
 
■2014.5  ギリシャ  アテネ  








 








 
●左:初めて訪れたアテネ。投宿したホテル「ブルターニュ」のレストランからアクロポリス「パルテノン神殿」を望む/アテネ市庁舎前の衛兵の交替
 
 
■2014.5  ギリシャ  サントリーニ島  







 







 
●左:初めて訪れたサントリーニ島。イアの町。/右は投宿したフィラのホテル「ポルト・フィラ・スイーツ」のテラス
 
 
■ 2012.5   アメリカ 

●二度目のノースカロライナ。毎年ローリー市で開かれている伝統あるアニメイベント「ANIMAZEMENT」(アニメイズメント)二度目のゲストゲスト出演。ローリーは緑が多く落ち着いた雰囲気の素敵な街。宿泊した「ローリーマリオットシティーセンター」の客室から窓越しにカシャ!
 
■ 2012.5 コスプレ熱もすごい!ワンピースコスプレ軍団と記念撮影

●ノースカロライナのローリー市で開催された伝統あるアニメイ ベント「ANIMAZEMENT」(アニメイズメント)に初参加。会場となったローリー市のコンベンションセンターでワンピースのコスプレイヤーの皆さんとと記念撮影。
 
■ 2012.5  トークショー後のサイン会には「うる星やつら」のコスプレイヤーも

●「うる星やつら」も根強い人気で、こんなカップルのコスプレイヤーも彼の方は諸星あたる……なんだね。黒いズボン履いてたし。DVD、ポスターなど「うる星やつら」グッズをたくさん持ってました。



 
■ 2012.5  「ドラゴンボールパネル」ではこんなパフォーマンスも

●「ドラゴンボール」シリーズで悟天の英語版・声優:カラ・ウ ドワーズさんとヒュージョン。あり得ない組み合わせ、ゴテンコロ?オーディエンスからのリクエストでした。




 
 
 
■ 2012.5 帰路、ニューヨークまで足を伸ばし ブルーノートへ

●ノースカロライナでのイベントの帰路、2日間の休暇を取り、 今回で10度目となるニューヨークへ。今まで全て冬だったので初夏のNYは初めて。リジー・ワシントントリオのライブが聴きたくて、ワシントンスクゥエア近くのジャズの殿堂ブルーノートへ。眼前の生演奏に陶酔。写真は開始前のステージ。リジーのCDを購入、サインして貰いました。


 
■ 2012.5 ワシントン 広場でのんびり

●タイムズ・スクゥエアから地下鉄で、ブルーノートの在るワシントン・スクゥエアへ。公園内では、黒人のおじさん達が楽しそうにジャズを演奏してるし、初夏の日差しも緑も素敵。あまりの心地よさに1時間くらいベンチでボーっとしていました。




 
 
2012.1   フィンランド

●北欧最大のジャパニメーションイベント「DESUCON FROSTBITE 2011」にゲスト出演の為、初めてフィンランドを訪れた。やはり寒さは半端じゃない。こんな重装備で。写真はヘルシンキ市内。
 
2012.1 ヘルシンキ マーケット広場 エテラ港

●白い大型客船が停泊し、北欧らしい雰囲気の港。海に は薄氷が張る寒さだ。5分も外にいるとカフェはどこ?
 
2012.1 ヘルシンキ、城の様なリンナホテルに 

●フィンランド市内にあるリンナホテルは外壁が石、まるで城の様な造り。内装もクラシックで雰囲気のあるホテルだ。
 
 
 
 
2011.7 ロサンゼルス 

●3度目のロス。北米最大のアニメイベント「ANIME EXPO 2011」にゲスト出演のためLAへ。空き時間を利用して足を伸ばした。毎度ここは外せない場所。写真のサン タモニカピアは毎日がフェスタだ。と、近くのサードストリートプロムナード。
 
2011.7 ロサンゼルス CHPを訪ねる

●日本で6年半にわたり放送された「白バイ野郎ジョン&パンチ」の撮影現場であるCHP(カリフォルニアハイウエイパトロール)の本部を訪ねた。現在もそのまま使用されていて映像と同じ建物や部屋に感激。
ドラマから抜け出たようなトラフィックオフィサー達が親切に対応してくれた。
 
 
 
 
2011.6  ハワイ 

●去年に続き、2度目のハワイ。サーファー憧れの、オアフ島ノースショア、サンセットビーチに立つ……冬……10メートル以上の高波が押し寄せるという。
若い頃「ビッグウェンズデイ」という映画を吹き替えたことがあったっけ。
「SLAP STICK」というバンドで「パイプライン」という曲を演奏したこともあったっけ……。
 
2011.6  ハワイ オアフ島 ハレイワビーチ

●ちょっと照れくさい写真だが、まいっか。Tシャツとバッグが「ワンピース」エースのイラスト入りになってまして……。





 
 
 
 
 
2011.01.01 イタリア

●二度目のイタリア。前回訪れなかった街、ベネツィア。ゴンドラクルーズで煉瓦や石造りの街並みをカナルから眺めることから始めたのですが、水の都ベニスとは言うけれど、それにしても運河が道路代わり、全く車の通らない都市って不思議。写真:カナル・グランデ、リアルト橋で。
 
2011.01.01 イタリア   ベネツィア リアルト橋近く、運河沿いのリストランテ

●運河沿いのオープンエアのレストランでオーダーしたシーフードランチがすごいボリューム。ロブスター、スパゲティーナポリタン、焼き魚。魚はクロダイ丸ごと一匹。
 
2011.1 イタリア ベネツィア 映画「旅情」のロケ地 サン・バルナバ広場

●写真:イタリア、ベネツィアの「アカデミア橋」近く。「旅情」という映画で、キャサリン・ヘップバーン演じる主人公の女性が、ベネツィアングラスの赤いゴブレットに惹かれ、買い求めるシーンが撮影されたのが正面の緑の日除けのある店。因みに、右隣に建つ教会は「インディー・ジョーンズ 最後の聖戦」のロケ現場。
 
2011.12.30 イタリア  ベネツィア

●映像でしか見たことのなかったゴンドラに乗ってみ た。狭い運河を、両サイドの建物のレンガ壁を足で突くいたりしてこともなげにスイスイ。ゴンドリエールの漕艇テクニック。すごい!
 
2011.01.01 イタリア   ベネツィア サンマルコ広場 

●ベネツィア、サンマルコ広場。聖書・マルコの福音書
で知られる聖マルコが祀られているというイタリア・ベネツィア「サンマルコ寺院」前のサンマルコ広場。宿泊したホテル「BAUER」から至近距離にあり、午後11時頃からの賑わいに誘われて出かけてみました。広場でのニューイヤーカウントダウン…相当な盛り上がりでした!
 
2011.12.30 イタリア  ベネツィア サンマルコ寺院
サンマルコ寺院は修復中でした。
 
2011.12.31 イタリア  ベネツィア  旅の記念に購入したカーニバルのマスク

●ベネツィアで買い求めた仮面。顔につけてちょうどいい大きさ。毎年2月にベネツィアで行われるという仮面カーニバル用のものだそうですが。ニューイヤーカウントダウンの時もこんな仮面付けている人が結構居ました。




 
 
 
 
2011年1月 フランス 

●二度目のパリ。テルトル広場ではおなじみ、似顔絵描きの画家さんたち。前回描いてもらった画を紛失してしまったので、今回もスケッチしてもらいました。ずっと笑っていろ!には笑っちゃいましたが、まあ慣れてるので、ずっと笑ってました。馬鹿みたい……
 
2011年1月 フランス・パリ ブローニュの森の湖も凍結

●明けてパリに移動。正月のシャンゼリゼ大通りは大賑わいでしたが、寒波でとにかく寒い。セーヌの流れも寒々しく。ブローニュの森の柏(ルーブル)の林もすっかり葉を落とし、湖は凍結、それでもたくさんのジョガーとすれ違いましたけど…広大な森を2時間も歩いてしまいました。
 
 
 
 
●↑2011.1 モンマルトルの丘の麓に在る「ムーラン・ルージュ」で、ディナーショー「Fe'erie」を観る。LAURENT TARRIDECシェフによるシーズンメニュー、クオリティーの高い盛りだくさんのショー、19:00〜23:00の長丁場で180ユーロは、安いと感じました。ステージに登場したワンちやんに、成田のペットホテルで待つ我が家の愛犬・遊馬ちゃんを思い出してしまいました。
 
 












 

















 
↑2010年1月 サンフランシスコ 坂の街ならではのケーブルカー



 
  ↑2010年3月 サイパン 
 
 
↑旅のメモリアル・スーベニアスプーン
 
 
 
 
ニューヨーク・BROADWAY
 






 






 






 
●左:1998年。フランス・パリ。投宿したホテルニッコー・ド・パリ近くのセーヌ川に架かるグルネル橋の上で。
○中:アメリカ、ロサンゼルス 海外ドラマ「白バイ野郎ジョン&パンチ」(原題「Chip’s」=の撮影現場
○右:ロス・ハリウッドサインを望む
 






 






 






 
●左:オーストリア ウィーン  ゲーテ像前
○中:イギリス・ストラットフォード ロイヤルシェイクスピアカンパニー・スワンシアターで「ベニスの商人」観劇
○右:USA ブロードウエイ タイムズスクゥエア
 
 
●↑シンガポール「インターコンチネンタルホテル」。旅行は…基本的に僕同様旅好きのカミさんプラン!が殆ど。言わば「SHINO TRAVEL」まかせ。
 
 
↑オーストリア ウィーン「シェーンブルン宮殿」で
 
 
 
旅をコンセプトにしたソロアルバム
●かつてキングレコードからソロアルバム製作のオファーがあった時、プロの歌手でもないのにわがままを言って「旅」をコンセプトにしたものをとリクエストした。そして僕にとって最初のソロアルバム「TIME WAVE TOSHIO 1’stがリリースされた。………初のソロアルバムで 緊張して歌入れしたのを覚えている。

5枚のソロアルバムの中で、このファーストソロアルバムが一番好きな理由は、仕事仲間でありバンド仲間であり、芝居仲間だった、今は亡きガベ(曽我部和行)が僕のために作曲してくれた曲が2曲収録されているからに他ならない。写真はそのジャケ写で、鎌倉材木座海岸近くの江ノ電の線路で撮影された。下の写真は僕の主宰していた劇団の稽古場でのスナップ。
「TIME WAVE」

  作詞:古川登志夫
  作曲:曽我部和行
  編曲:矢野立美
  Vocal:古川登志夫

1. TIME WAVE さよなら
   TIME WAVE さよなら

   スクランブルな人の群れ そして街
   帰って来いよと旧(ふる)い友 君は叫ぶのか

   Go Go Go ハイウエイ 
   平気さただの気まぐれなんだ
   Go Go Go ハイウエイ 
   海を見に行く それだけ

   俺のこと それはいいさ
   幾つもの 幾つもの 季節(とき)が流れる

   TIME WAVE さよなら
   TIME WAVE さよなら


2. 傷付けあったあの日たち そして恋
   帰って来てねと恋人よ 貴女(きみ)は叫ぶのか

   Go Go Go ハイウエイ 
   サンドバギーに息切れしてる
   Go Go Go ハイウエイ 
   ジープなんかは乗りすて
                    
   俺のこと それはいいさ
   幾つもの 幾つもの 波(うねり)を越えて
   TIME WAVE さよなら
   TIME WAVE さよなら
「I Can’t Anymore」

  作詞:古川登志夫
  作曲:曽我部和行
  編曲:矢野立美
  Vocal:古川登志夫

1.よく出来たポエムみたいに
  さりげない同棲(くらし)
  時折流れる ジャニスのヴォイス
  幸せだった二人 この部屋

  ある日いきなりゆがんだ君の顔
  立ちつくす 僕を残し君は去った

  安っぽい愛のドラマだと 
  つよがってみても
  I can’t anymore
  I can’t anymore

  独りだけの生活(くらし)


2.ありふれた映画(シネマ)みたいな
  カフェーでの邂逅(であい)
  タバコに火を点け 外に目をやり
  ため息ついてた君 この店

  そして始る 二人のプロローグ
  それなのに 恋はいつも突然消える

  安っぽい愛のドラマだと つよがってみても
  I can’t anymore
  I can’t anymore

  独りだけの生活(くらし)
 
●ある日の日記……ソロアルバム用に自分で書いた二曲分の拙い詞を見せると、ガベは、上唇を噛んだまま目を通していた。引き受けてくれると思った。案の定、二三回頷くと「いいよ」と言った。ガベには機嫌のいいとき上唇を噛む癖がある。(上の写真の時も、機嫌が良かったに違いない。そして約束の日、風邪で高熱の中仕上げてくれたという楽譜が届いた。…………二曲とも矢野立美さんのアレンジで素敵な曲になった。)